スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Animato先生の南蛮記録

最近Largoしか活躍していないので

今日は私のターンですよ



というわけで行って参りました。
南蛮交易


気分転換に、今回はちょっと違うものを…



やってみました(現在進行形ですが)

続きを読む

スポンサーサイト

Animato先生の南蛮交易…講座!第2弾

というわけでこんにちは。
なんかもうネタは多いんだけどPCのスペック的にネット起動させるとカオスな事になるから更新を控えておりました。

という言い訳だよ!



ごめんなさい。まじめにやります
きっと…。


さて、話を戻しましょう。
今回は南蛮交易でも特に尖がった商品構成の中国での凌ぎ方です。
尚、講師は南蛮優遇×なので、参考程度に。取引Rは5~10くらいです。美術・調味・家畜×

まず町の構成を見てみましょう。



マカオ
調味料筆頭に布と香辛料、繊維など
昔の淡水のような状態です。鉱石が食料品にシフトしたような感じ。

泉州
工芸品がほんのり多い。他は少な目の印象。
特定品にイベリア60kの筆?があります。
それもあってか、いつも少ないです。

杭州
工芸品・工業品が多い。火器もそこそこある…のかなぁ…。
イングランド人気の呉須手があるのはココ。(理由は後述)
イング人少ないので、筆ほど落ちることはなさそう。

雲台山
布・雑貨・美術品が多い。特に布は在庫が豊富です。
この布は貴重品なのです(後述)
雑貨・美術品もそこそこですが、貴重です(後述)
ちなみにここと漢陽は近くて素敵です(後述)

重慶
三途の川の向こうの土地。
アクセスが劣悪すぎていまだに行ってませんよえぇ。
在庫もどれも少ない印象。


上から順番に貢献10kずつで許可が下りていきます。
特定品は…気づいたら出てます。
確か重慶出た瞬間(40k)で上記のものは一通り見えていた気がするけど、覚えてません!


こんな感じです。
イングランド視点で交易時のポイントを述べていくとしましょうか。




まず、マカオからの脱出です。
在庫が多いと思いきや、食料品を筆頭に一部交易品は少なめ。
ただ食料品も日本のように芋だとかもってってもダメ。
貢献稼ぎの段階で状態異常に頼るようではお先が真っ暗です。
そこでココでオススメの交易品は…

101910 005351

これです。揚州栗。
これを澳門に持っていくと


101910 005348


こうなりまして
豆板醤=からいもの=朝鮮

これをまた揚州栗の産地に持っていくわけでして。

101910 010559

↓投下!

101910 010650


増えました。


基本的にこれを繰り返すだけで終わる…のですが
そうはいかんざき!
ですね。

なによりプレイヤーの行動が大きく影響される南蛮交易。
同じことを繰り返すとだんだん相場も落ちていきます。
なによりこの栗ですが、朝鮮での貢献が35k以上必要でして…。
つまりそこに行き着くまでが大変なのですね。

ちなみにこれが泉州まで行けば楽、と言われる所以です。
下図参照(但し泉州はちょっと交換率悪いかも)


102410 111836

↓これがこうなって

102410 111912


硝石が使えるというわけでして。
高いけどね…。でも北にあがるにつれてレートはよくなっていく傾向があります。
最近はみなさんやられているようで少し知恵が必要になってきましたよ!

もっとも、好景気だとか状態異常に併せてチョイススルのもいいかもしれませんね。



後日、アジア4国間を股にかける南蛮方法のまとめでも書きますか。
ざっくりとした話ですが、参考になれば幸いです。
尚、栗ですがトウガラシを初動にして動いてみました。これも他の方法が2通りくらいありますので、皆の通るところは別の裏道を選びつつ、励んでみては!


では。

Animato先生の南蛮交易…講座?

どーもこんにちは!
浪費なラルゴに変わって、本日はAnimatoが執筆します。

というのも…
人のいないバルト海では、動いていてもなんの特にもならないので、よくラルゴは引きこもりになります。
全く度し難いですが…。

そんな時、「金がほしい」という悲しい視線が向けられるため、交易商人たるワタシの出番という訳です。
もっとも、こんな無茶ぶりは断ってしまえばいいのですがそういう訳にも行きません…悲しい事に。

何故か?



理由は簡単です。

ラルゴとその悪友ジョセフの稼いだお金で、商用クリッパーに乗れるように「なってしまった」からです

えぇ、自分で地道にやればよかったんですよ。
めんどくさくて…


ねぇ?


…とまぁそんなこんなで
ワタシAnimatoは南蛮交易と投資担当になってしまったという涙ぐましい経緯が…

それはさておき。

今回は南蛮交易を紹介します。


まず、南蛮交易とは何かを紹介することにしましょう。
南蛮交易とは…

(中略)

…という、黄金航路を沢山持っている、いわゆる金のなる航路なんですねぇ。

交易品の数はそれこそ沢山有りますが…
ワタシの場合メインとなるのは…

トウガラシ!

これ。
トウガラシ。

青唐辛子と赤、両方です。
これは2つ理由がありましてですね。

1:赤は朝鮮で高値がつく
2:緑は日本でそこそこいける
3:カテ4代節約

3つじゃん!まぁでも最後の3こめはどうにでもなるかな…
重要なのは、複数国でそこそこ取引可能な物品であることと、多少扱いにくいため相場が安定しやすい!
これですね。

ってな感じなんですよう。


このほかにも、持っていく交易品としては色々あるのですが、これにこだわるのには訳があります。

1:カリブ経由にカテ2クエがある(運河の途中で実施可能)
2:風が良い
3:香辛料取引がある程度あったから

こんなところです。やっぱり3つです。でもこっちは最後のやつは重要です。



んで…

今回も無難に…

朝鮮茶


ついすぐに交換できました。

朝鮮はキムチの町ですからね。
輸入に頼るというのも考え物ですが…w
細かいことは気にしないで行きましょう。

別の日はこんな感じで…

奴隷船…ではない…

モノはヤリよう…です!

もっともコンボさせても商大クリッパー乗れてしまうとあまり意味が…
いや…いつの日かカンタービレにも商用クリッパーに乗っかってもらいましょう。



最後に、この交易での注意点を一つ。
等価しやすいそして高い、とイイ事だらけなんですが…
これら全て…



萌…燃えます

なので、奴隷船には決定的に不向きであるため、水は100くらいは突っ込んでおきましょうね!

あと…

防火

防火も必須です。

そしてなにより…
朝鮮から帰宅する場合、結構ルートが限られてくるほか、危ないです。

供え有れば憂い梨!
無し!
ここは無難に…例のルートを使いましょう。

あとは、祈りましょう。

…非戦密約?
馬鹿なの?死ぬの?

あれを高速で動ける金策工程で使うのは、本末転倒です。
サルベージなので使うほうが建設的です。

だって逃げられませんもんねぇ。。。
個人的な感覚ですが、真正面から突っ込んできた場合、結構なんとかなります。

あとはトレンドな船尾砲で現場ってください♪
何より遭わないことが大事かと思います。

なんてね…
海賊と一緒に生活をしているAnimatoには言われたくないですよねw
というわけで、この手のお話は個人面談で行いますよ!

以上でした!
プロフィール

らるご

Author:らるご
国籍:イングランド→ドイツ
職業:ばるたー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
バルト海の人数↓
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。