スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動的小話

以前の日記にも書いたが、バルシャからスタートして今にいたるまでの間で、非常に息が長い船がある。

そう、改装重キャラックである。
彼は何度も文字通り改装を繰り返しており、初PKから初PKK、はたまた兵器技術あげなど…
かなりお世話になった名艦だ。

とは言え時代はロワイヤルが出て装甲戦列が出て、5スロが当たり前となり、次第に倉庫の隅のほうへ追いやられていった…
そう、彼はもうこの時代に船枠の肥やしにしかなりえなかったのであr…




そんなわけねーじゃん!
(修造風に)


という訳で、Animatoが狂ったように稼いだ3,000,000,000という金額を武器にこの改装キャラックをもう一度海に送り出すことを決意。
そう、今はFree ship Style である。

まず、船を副官からむしりとる。
そう、実は肥やしといいつつも、副官に貸していたんだった。
今一番窓際なのは武装大型スクーナーだなw

070708 220624

昔懐かしい1枚。
まだディアが緑チャットで大佐と会話しているではないか…
一家の皆は元気だろうか。

さて、話がそれてしまったが改装がこれ。
110810 211805
110810 211759

無難な副官船に仕上がっているが、如何せん耐久がない。
それに、せっかくだから自分でも乗れるくらいの性能に落ち着かせたいところだし。


今回のコンセプト
減量する
耐久を伸ばす
減量が気にならないようにある程度フォローする(砲数強化を行う)

上記2項を踏まえつつ、旋回14以上を目標にする



おおざっぱにいくとこんな感じ。

まぁ見てなって。天才(変態)と協議して決めたんだから間違いない。



そして、できたのがこちら。
110910 205340
110910 205323

すごく…赤いです…



嬉しい!
今Largoは
猛烈に
感動している!!!!!!!!



これに伴い船名変更。
やっぱり染赤にしてやろう。せっかくだし。ぴったりだし。


耐久とかのステータスは取り忘れました。まぁいいか

ちなみに参考情報として
耐久+240
帆:縦MAX 横+90
旋回+6
波+1

位だった気がする
今確認が出来ないのは、回航してるから…

船員は納得の168人で、倉庫が310しかない
フル減量するとこんなもんだが、ガレオンと比べるとやっぱ小さいなこの船



んで、せっかくなので商会員に模擬してみた。
結果…

ロワ相手でも生半可な白兵Rなら十分戦える
理論装甲値が76くらいになるので硬い
旋回14以上で余裕のクルクル


轟音は?と思ったそこの貴方。
あれはバラバラと撒くものではありませんよ?

今回は試験的に撒いてみましたが、統率連打がすさまじいねこれw
轟音は操作圧迫で考えてたけど、少し考え直そう。

明らかな欠点が一つありまして。
それはまぁ…実際に見てみれば分かると思いますw
つまり、見に来いよというフリです。

自慢したくてしょうがないんだ…


尚、次の造船として公用戦列を副官に与えようと思っております。
次回の造船に乞うご期待!

ではでは
スポンサーサイト

Animato先生の南蛮交易…講座!第2弾

というわけでこんにちは。
なんかもうネタは多いんだけどPCのスペック的にネット起動させるとカオスな事になるから更新を控えておりました。

という言い訳だよ!



ごめんなさい。まじめにやります
きっと…。


さて、話を戻しましょう。
今回は南蛮交易でも特に尖がった商品構成の中国での凌ぎ方です。
尚、講師は南蛮優遇×なので、参考程度に。取引Rは5~10くらいです。美術・調味・家畜×

まず町の構成を見てみましょう。



マカオ
調味料筆頭に布と香辛料、繊維など
昔の淡水のような状態です。鉱石が食料品にシフトしたような感じ。

泉州
工芸品がほんのり多い。他は少な目の印象。
特定品にイベリア60kの筆?があります。
それもあってか、いつも少ないです。

杭州
工芸品・工業品が多い。火器もそこそこある…のかなぁ…。
イングランド人気の呉須手があるのはココ。(理由は後述)
イング人少ないので、筆ほど落ちることはなさそう。

雲台山
布・雑貨・美術品が多い。特に布は在庫が豊富です。
この布は貴重品なのです(後述)
雑貨・美術品もそこそこですが、貴重です(後述)
ちなみにここと漢陽は近くて素敵です(後述)

重慶
三途の川の向こうの土地。
アクセスが劣悪すぎていまだに行ってませんよえぇ。
在庫もどれも少ない印象。


上から順番に貢献10kずつで許可が下りていきます。
特定品は…気づいたら出てます。
確か重慶出た瞬間(40k)で上記のものは一通り見えていた気がするけど、覚えてません!


こんな感じです。
イングランド視点で交易時のポイントを述べていくとしましょうか。




まず、マカオからの脱出です。
在庫が多いと思いきや、食料品を筆頭に一部交易品は少なめ。
ただ食料品も日本のように芋だとかもってってもダメ。
貢献稼ぎの段階で状態異常に頼るようではお先が真っ暗です。
そこでココでオススメの交易品は…

101910 005351

これです。揚州栗。
これを澳門に持っていくと


101910 005348


こうなりまして
豆板醤=からいもの=朝鮮

これをまた揚州栗の産地に持っていくわけでして。

101910 010559

↓投下!

101910 010650


増えました。


基本的にこれを繰り返すだけで終わる…のですが
そうはいかんざき!
ですね。

なによりプレイヤーの行動が大きく影響される南蛮交易。
同じことを繰り返すとだんだん相場も落ちていきます。
なによりこの栗ですが、朝鮮での貢献が35k以上必要でして…。
つまりそこに行き着くまでが大変なのですね。

ちなみにこれが泉州まで行けば楽、と言われる所以です。
下図参照(但し泉州はちょっと交換率悪いかも)


102410 111836

↓これがこうなって

102410 111912


硝石が使えるというわけでして。
高いけどね…。でも北にあがるにつれてレートはよくなっていく傾向があります。
最近はみなさんやられているようで少し知恵が必要になってきましたよ!

もっとも、好景気だとか状態異常に併せてチョイススルのもいいかもしれませんね。



後日、アジア4国間を股にかける南蛮方法のまとめでも書きますか。
ざっくりとした話ですが、参考になれば幸いです。
尚、栗ですがトウガラシを初動にして動いてみました。これも他の方法が2通りくらいありますので、皆の通るところは別の裏道を選びつつ、励んでみては!


では。
プロフィール

らるご

Author:らるご
国籍:イングランド→ドイツ
職業:ばるたー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
バルト海の人数↓
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。